美貌を保つにはボトックス注射|実は昔から眼科で利用されていた

婦人

表情を若返らせる

鏡を見る女性

眉間のしわは、乾燥や皮膚のたるみの影響などもありますが一番の原因は、表情の癖によるものです。根本的にしわをなくすには、痛みが少なく回復期間も短いボトックス注射を定期的に行っていくと良いと言われています。

詳細へ

ボトックスで簡単皺消し

注射する女性

切らない皺取り

表情皺を注射一つで作らなくできるのがボトックス注射です。ボトックス注射は、表情皺の原因である表情筋を動かなくすることができるプチ整形です。顔にメスを入れないで、目尻や眉間にできる皺やあごの梅干し皺などを作らなくすることができます。ボトックス注射は昔から眼科で利用されています。元はといえば斜視治療のために生まれたのがボトックス注射なので、プチ整形よりもずっと長い歴史があります。美容整形の分野で利用されるようになったのは、ここ10年くらいの話しです。皺消し、ガミースマイルの解消、エラの咬筋の収縮、ふくらはぎの筋肉の収縮などが美容外科で出来ます。いずれも注射をするだけなのでダウンタイムがなくすぐに帰宅出来ます。

注入したあとの注意事項

ボトックス注射をしたあとには、守らなければならない注意事項があります。ボトックスを注入したエリアは、しばらく触らないようにすることが大切です。特に強い圧力をかけてマッサージなどをすると、せっかく注入したボトックスが分解されてしまいます。一度分解されると効果が弱まるので、注入してから4時間ぐらいはできる限り触らないようにするのが無難です。ボトックス注射は手術ではないので、注入した当日からシャワー、洗顔、入浴が出来ます。しかし、ボトックス注射をした部分が赤く腫れている場合は、それ以上の悪化を防ぐために入浴は控えることが大切です。血行が良くなる行為は腫れを長引かせるので、激しい運動も腫れが引くまで控えることをお勧めします。

小顔効果のあるボトックス

婦人

エラボトックスは顔の咬筋の発達を抑える効果があり、小顔のための治療として活用されています。ボトックス注射の効果は一時的なものであり、持続させるには定期的な注射が必要です。しかし、顔のたるみがでやすくなるというデメリットがあるため、慎重に行う方が良いでしょう。

詳細へ

選ぶ際に大事なことは何

ウーマン

肌のトラブルを抱えている方に美容皮膚科の利用をオススメします。クリニックを選ぶ際はカウンセリングで判断するとよいでしょう。医師が参加して、要望にしっかり応えてくれるところを選んでください。また、美容皮膚科もトラブルが起きていないわけではないので、リスクを認識し安全性が高いクリニックを選んでください。

詳細へ